間、髪を入れずに。


6月12日に初訪問した新井薬師の「豪」、3日後に再訪問しました。

酎ハイ 梅割り

ある方から酎ハイに梅エキスを入れたものがイケルと聞いていて、
メニューにはないのですが、頼んで作ってもらいました。
酎ハイはどうかするとアルコール臭が鼻につくことがありますが、
それを梅がかき消してとても奥行きのある味になっています。
ただ、梅を入れる量がとても難しく、ご主人も試行錯誤の様子。
かっちりと量が決まったら、晴れてメニューに載ることでしょう。

しらす青菜

呑兵衛のツボをぐいぐい押してくるひと品ですが、これはしょっぱかった。
小松菜の火の入り加減が絶妙だっただけに、惜しい感じでした。

煮込み

煮込みには牛のモツも使っている、ご主人からそう説明がありました。
味噌や脂分の薄いサラサラ系の煮込み…、そういうことになります。
これは味のまとまりがとてもよく、美味しい一皿でしたね。

レバ

刺しを出しているぐらいですから、鮮度には自信があるのだろうと思います。
適切な火の入れ具合で、パリッとした噛み応えを有するひと串です。

レバの焼き具合

画像では分かりにくいのですが、いい感じで焼けています。
刺しは刺し、焼きは焼きです。

ハツモト

歯応えと味の深みの両方を楽しめるハツモト、美味しく焼けています。
ハツモトだけで作った煮込みを食べてみたいなんて、ぼーっとしてみたり。

豚足

初回訪問時に、豚足があったらレポってくれという密命を受けていました。
残念ながら初回にはなかったのですが、この日はホワイトボードに書かれていました。
圧力鍋で加熱するのですが、これは明らかに加熱不足。
もう少し火を入れないと、肉が骨から外れてきません。
2年も前の記事ですが、豚足はこういうのがあたしの理想です。
この直前にコンデジのバッテリーが切れ、この画像は携帯での撮影でした。

このあと緑茶ハイを飲んで終えたのですが、客はあたしひとり。
いろんな話をして、聞いて、それはそれは濃い時間を過ごしました。
こういう時代ですから、店やご主人の情報はあらかじめ分かっています。
客が圧倒的に優位な立場で店に入っていく時代なんですよね。
そんな中でどうやって顧客をつけ、利益を出していくのか。
わずか8席のカウンターだけの店で、試行錯誤は続くことでしょう。

この日は、しらす青菜も、豚足もしょっぱかった。
焼き物以外の、いわばサイドディッシュには、もう少し注意が必要です。
野菜類が高いということは前回の記事で書きましたが、この日は、
ご主人にも思った通りのことを伝えてきました。
値段をどうするかは店の自由ですし、頼む頼まないは客の自由ですけれど。

反面、意欲的なメニューもたくさんあります。
モツ焼きだけではどうしても一本調子になってしまうことを、ご主人は知っています。
ただ、その意気込みが空回りしてしまうのでは、経費と労力の無駄です。
そのバランスを、これからどうやって取っていくのか。
聞けば、モツ焼き修行の前は板前をしていたこともあるのだとか。
肩の力が抜けてその腕が生かされるようになれば、いい店になります。
店としてはまだまだ粗削りですが、相当な可能性のある店です。
半年先、一年後と、折に触れて見守っていたい店です。
2012 / 06 / 19 ( Tue ) 20:00:32 | 美味しいもの | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<久々のじんちゃん | ホーム | 「焼き」ではないモツ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/789-3db6ea12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |