スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
ちょっと気になったこと ①


YouTubeで様々な画像を見ているうちに、気づいたことがある。
忘れないように、備忘録の意味で書き記しておきたい。
今日は、シリーズ第一回目である。

あれこれ見ているうちに、大食いのカテゴリーに踏み込んだ。
それ自体はどうでもいいのだが、気になったのはコメントだ。
曰く、箸使いがひどい。
曰く、食べ方が汚い。
確かにその通りかもしれないが、ちょっと待ってもらいたい。

彼ら彼女らは、フードファイターなんだろ?
闘っているんだろ?

じゃ、ヤツらにとって箸は武器じゃん。

武器の扱い方に、ルールなんてあるんだろうか。
短刀を逆手に持ったり投げたりしたからといって、何が悪いのか。

食べ方が汚いというのは、王道を外しているということだろうか。
勝負に王道なんてものが存在する訳がない。
勝つか負けるか、あるのはそのどちらかだけだ。
まして、金のかかるファイトなら、手段を選ばないだろう。
勝負の第一目的は、とにもかくにも勝つことにある。
賞金を惜しむのなら、ルールを細かく決めればいいことだ。

卑怯な手段は、許されるものではない。
例えばファイトの途中でトイレに行って吐くとか、
強力な消化剤を併用するなどは礼儀に悖るものと思う。
だが、箸使いや食べ方の汚さはどうなんだ。
それは礼を失する行為にあたるのだろうか。
食に対する冒涜だというなら、フードファイト自体が冒涜だろう。

白田やギャル曽根のように、きれいに、美味そうに食う者もある。
見ていてその方が気持ちいいことは間違いない。
だが、だからといって箸使い云々を言うのはどうかと思う。

石塚英彦のように、だらしない箸使いの者もある。
ヤツはフードファイターという訳ではないので、弁護しにくい。
だが、あの食べっぷりとギャグセンスのおかげで、ヤツはヤツなりに
「石塚食い」とでも呼ぶべきジャンルを確立しているように感じる。
ならば、あの箸使いも、一種の芸として許容できるように思うのだ。

きちんと食べられるのであれば、それに越したことはない。
家庭や学校などでは、正しい礼儀作法を教えるべきだと思う。
私も子供たちには箸の使い方を口やかましく言ってきた。
だが、特殊なケースにおいては、それは二の次になり得る。
餓死寸前で眼前に食べ物が出てきたら、どうだろう。
礼儀も作法もなく、手づかみで貪るのではないだろうか。
取り澄ましているうちに餓死したら、死んでも死に切れぬ。

箸使いがどうこうというコメントが多い割には、
ナイフやフォークの使い方を論じる人が少ないのも気になる。
人の箸使いをとやかく言う人間は、自分の箸使いに自信があるのか。
それがナイフやフォークだったら、同じ自信を保てるのか。


この備忘録を書こうと思ったきっかけが、箸使いだった。
実は、6年半も前にマナーを記事にしたことがある。
今回は、そのときをはるかに上回る量の記事になるだろう。
だが書かずにはいられない、その気持ちを再確認して一回目を終了する。

2012 / 11 / 14 ( Wed ) 12:24:31 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<ちょっと気になったこと ② | ホーム | 本を、読む。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/799-da02c39d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。