ほえ~…。


長いシリーズを書き終えて安堵していたのもほんの束の間、
12月5日に歌舞伎役者の中村勘三郎が死んでしまいました。
もう脱力しちゃってどうしようもなくって、ねえ。
これだけの喪失感は、美空、志ん朝、談志以来となる四回目です。

お袋が施設に入れて、介護から解き放たれました。
自由な時間が増えたのとひきかえに、猛烈な反省をしています。
自分の母親に対する数々の悪態や暴行、天罰が下ることでしょう。
今となってはお袋に顔を見せに行くことがせめてもの孝行ですが、
あたしが訪ねて行ってもすぐには自分の息子と分からない時もあるようです。
それもこれも、あたしというバカチンの業なのでしょう。

昼に外食することが激増しました。
カミさんも介護から解放された訳ですから、自由にさせてやりたいんです。
習い事を始めたり、ちょこちょこ出掛けたり、好きにやっているようです。
だから、家事を減らしてやるという意味合いもあって、外食に出ます。
もちろん当たりもあれば外れもあって、それもまた楽しいものですね。

外食の際の料理に刺激を受けて、料理をしています。
珍しい食材や普段は採り入れないような調理も試してみていて、
あたしはそれを「よっちゃんの実験室」と銘打っているんですけどね。
実験が成功すれば問題ないのですが、失敗した日には、全部責任食いです。
誰か、責任を半分ぐらい共有してくれないものでしょうか。

体重増加に歯止めがかからず、「大変なことになっている有様」です。
家にいるときはジャージで楽しているのでいいんですけど、
外に出ようと思うとそれらしいパンツを選んで履くことになりますね。
もう、ウエストがきつくって、涙がちょちょ切れそうです。

我が家に、和菓子ブームがやってきています。
先日は豆大福の食べ比べをしてみたり、自分で小豆を煮て餡を作ったり。
また、バイクをかっ飛ばして焼き立てのたいやきを食べてみたり。
だから太るという相関関係は措くとして、「和」の味を楽しんでいます。

たいやき@若葉

上野の美術館へ出向いて、芸術鑑賞と洒落こんできました。
また、その帰りにちょっと写真を撮ってみたりもしました。
 上野で撮った写真、数枚
下手っぴいは相変わらずなんですが、少しだけ変化があります。
生活環境が変わったことに起因するのだと思うのですが、
大雑把な言い方ですけど、集中力がアップした気がするんです。
介護疲れと言いますが、きっと、ざらついた生活をしていたんですね。

あたしは、料理でも何でも、澄んでいるものが好きです。
単純な論理でいけば、濁ったものが嫌いということにもなります。
濁った心、濁った政治家、濁った国、濁った世界と世界観。
せめて自分の心だけは濁らないようにしたいと、そう思っています。

人の噂も七十五日とやら、七十五日経ったので再度本名に戻しました。
勘三郎追悼番組で、髪結新三をやっていましたっけ…。
あたしがWeb上で愛用する「新三」は、あの芝居から取ったものです。
勘三郎の死、お袋がいなくなったこと、受け入れなければいけません。
できるだけ心を澄ませて、静かに自分に取り込みたいものです。
2012 / 12 / 14 ( Fri ) 10:17:45 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<メロにメロメロ | ホーム | ちょっと気になったこと ⑧>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/807-f8156b9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |