スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
ればたら競馬論③


前回のエントリで「京都の三千」と書いたら、早速お叱りを受けた。
天皇賞は3200m、三千は菊花賞でしょう…と。

はい、いかにもその通りです。
面倒だったので三千と書いたのですが、横着でした。
謹んで訂正いたします。

トーセンラー、1枠1番とは願ったり叶ったりだ。
内に潜り込んでいれば、スローでも掛かる心配はない。
豊がよくやる、「他馬を壁にして」折り合わせるレースになる。
あとは馬場のいいところを選んで伸び切るだけだ。
豊は淀の天皇賞を知り尽くしているから、そつなく乗ることだろう。

さて、1986年にクシロキングという馬が勝っている。
良績が二千に集中していたため距離不安がささやかれていたのだが、
名手岡部幸雄がその中距離馬クシロキングを鮮やかに春の盾獲得へと導いた。
曰く「1マイルの競馬を2回させるつもりだった。」とか、
「前半は死んだふりをしていて、後半だけマイルの競馬をした。」とか。
つまり、乗り方次第で距離はどうにか克服できるかもしれないのだ。

クシロキングの話ではなく、トーセンラーの話である。
2月10日にラーが勝った京都記念の上がり4Fのラップは次の数字だ。

京都記念   12.0 - 11.8 - 11.3 - 11.5  34.1

レースの上がり4Fが46.6で3Fが34.6、ゴールドシップはこれを差し切れるだろうか。
天皇賞の前半1000mが穏やかに回るだけのレースになった場合に、
残りの2200mが京都記念のようなレースになりはしないだろうか。
オルフェーヴルなら、こういうレースはあっさりと差し切ってみせるだろう。
だが、ゴールドシップがこれを差し切るシーンを、私はイメージできない。

まだ、ある。

常に最後方からレースを運ぶのがゴールドシップの勝ちパターンだけに、
馬群を捌けないときのリスクが半端なく大きいということだ。
後方追走の間は、距離ロスをなくすためにインベタで回っている。
だが、仕掛けて進出していくときに馬群に突っ込むことはできない。
では、内田はそれをどうやって解決してきたのか。

皐月賞では、全馬が外に振れたことでポッカリ空いたインを強襲した。
神戸新聞杯は外回し、ただし先頭に立ってから内に刺さっている。
内田が懸命に右からムチを入れているのだが、真っ直ぐ走ってはいない。
菊花賞も外回しだが、直線ではゴールドシップよりも外を選択した馬が何頭かいた。
そのため自身が大外を回っているようには見えないのだが、押し上げて行った時の
コース選択は明らかに外で、また直線半ばで一度外にヨレている。
有馬記念は明らかな外回しだが、ルーラーシップはさらにその外を選択した。
直線に向いた所で前のナカヤマナイトを避けるために外へ持ち出している。
(これはナカヤマナイト騎乗の柴田善臣がよくやる奥義なのだが、
極力相手の欲しがるコースに入ってそれを塞いでしまう作戦なのである。
ちなみにオルフェーヴルのダービーでも直線の入り口でやっている。
これもたまたまナカヤマナイトだったが、オルフェーヴルに外から
二度にわたる「パッチン」をかまして封じ込めようとしている。)

阪神大賞典も万人に明らかな外回し、やはり直線はフラフラしている。

こうして見ると、ゴールドシップは「頑張り屋さん」だということが分かる。
直線で真っ直ぐに走れるだけの余力がなくても、歯を食いしばって走るのだ。
内田の叱咤激励に全力で応えるような、ナイスガイなのだと思う。
勝負根性も大したものが備わっているようで、精神的な強さも一級品だ。

だから、上がりの競馬になると勝てない気がするのだ。

持ち前の勝負強さを発揮する前に、レースが終わってしまったら?
すなわち、併せ馬の形になれば負けないとしても、そうなる前に
自分よりも前にいる馬が切れる脚で上がってしまったら?

そう、届かない。

ダービーも例に漏れず外回しだが、直線ではほとんどフラついていない。
ゴールドシップ自身がフラつくほどのタフな消耗戦なら勝つが、
上がりのタイムが最優先されるようなレースでは危ないのである。

雨が降って馬場が渋れば、ゴールドシップでガチガチだと思う。
なのであくまでも良馬場を前提とした予想ということになるが、
やはり本命はトーセンラーに打ちたいと思っている。
馬主サンデーレーシングの思惑が見え見えだが、フェノーメノ。
これも、中距離タイプのレースになれば力を発揮すると思う。
三連単を買うのなら、以上の二頭を一着欄に塗ってみたい。
二着欄は、これにゴールドシップを加えた三頭である。
三着候補としては、未知数の外国馬レッドカドー。
昨秋のJCでは不利もあったので、陣営も期すところ大だろう。
それと、前走で実力馬覚醒を思わせたレッドデイヴィス。
競馬新聞的な印で表すなら、

◎ トーセンラー
○ ゴールドシップ
▲ フェノーメノ
△ レッドカドー レッドデイヴィス ということになる。

私の予想を覆して、ゴールドシップが上がりの競馬で勝つかもしれない。
そうなったら、この馬は規格外だという判断を下さざるを得ない。
勝たれて逃げ口上を打つつもりなど、毛の先ほどもない。
競馬には、どの時代にも「規格外の馬」というのが存在する。
もしゴールドシップが上がりの競馬を制するなら、十分規格外に相当する。

週間天気予報を見る限り、このまま日曜日のレースを迎えられそうだ。
今回の天皇賞は、自分の「競馬力」を判定する大切なレースになるはず。
早く来い来い天皇賞、なのである。
2013 / 04 / 26 ( Fri ) 07:36:46 | 競馬 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<ればたら競馬論④ | ホーム | ればたら競馬論②>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/830-dd287c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。