シリーズ 「元気な病人」 第四話


精神科受診の目的は、「メンタル系の症状ではないという確証を得る」ことだった。
癲癇とはっきり決まるのであれば、治療の方法はほぼ一通りに決まる。
だが、いわゆるトラウマやPTSDのようなことがあるのなら、話は大きく変わる。
この辺りの事情は第三話にも書いたことなので、重複は避けたい。

高校に入ってからの遊の意識消失は、数えれば10回近くにも上る。
いつも同じような発作が起きるのだが、それは同じ原因であることを示す。
言い方を変えれば、決まった病気から決まった発作が起きるのである。
ただ、問題は、発作が起きるときのスイッチが何かということなのだ。
自分にとってストレスになることをグーッと思い詰めてしまうと、
それがきっかけとなって発作を引き起こすのではないかという論理だ。
何でもないときにでも発作が起きるのなら、それはいつどこで起きてもおかしくない。
ところが遊の発作は、学校に関わる時間の中だけで起きるのである。
通学途中、授業中、休み時間、帰宅途中、すべて学校に関わっている時間だ。
自宅で発作を起こしたことは、中学時代から、ただの一度もないのである。
では学校がそんなに嫌なのかというと、これがそういう訳でもない。
本人は学校に行くことを嫌がりはしないし、むしろ行きたがるのだ。
ちょっと謎めいた感じもするのだが、因果関係は釈然としない。

精神科の指示で、綿密なMRI検査を受けた。
三宿病院では造影剤を使わなかったのだが、それを使っての撮影だ。
循環器に疾患があるかどうかを綿密に調べるということだが、結果はシロ。
そして、第一話に書いておいたような検査を受けてメンタルも調べる。
メンタルに問題があるなら、まずはそこを治療しなければならないのだ。

話は遠回りになるが、メンタルの治療は意外と辛いものらしい。
嫌な思い出をわざわざ呼び覚まして、それに打ち克つ治療をするという。
そういったメソードはアメリカでの発達が著しいのだと、医者は言う。
戦争とレイプ、メンタルをやられるケースはこの二つに集中しているらしい。
なるほど、アメリカではこれらの原因で病んでいる人間が多いことだろう。
もしそういう症状だと診断されれば、遊もそんな治療をされることになる。
高校一年生にはちょっと厳しくなる、精神科の医者はそう心配していた。
だが、幸いなことに、そういう症状ではないことがはっきりした。
癲癇であることを確定させるために、他の病気ではないことを証明していくのだ。
そうやって様々な可能性を潰していって残るのが癲癇、そういう消去法だ。

数回にわたって精神科を訪れ、メンタルには問題がないと保証された。
いよいよ三宿病院の精神内科に戻って、癲癇の治療を開始することになった。
治療の中心は投薬、というか、それが治療の全てと言ってもいいかもしれない。
テグレトールという名の薬が処方され、それを飲み続けるのである。
だいたい三年間から四年間服用し続けて、それで完治するらしい。
成人式を迎える頃には治っている、そんな計算になる。

遊は、だいぶ安心したようだ。
ほとんど原因がわからないまま記憶を失うことの怖さがあっただろう。
また、それがいつ起きるか予測もつかないという怖さもあったに違いない。
だから、医者から「治るよ」と言われたときはかなり嬉しそうだった。
それも、薬を一日一回服用するだけなのだから、煩わしさも知れている。
親としても一安心…だったはずなのだが、話はそう簡単ではなかった。

2013 / 11 / 18 ( Mon ) 06:47:42 | ガキンチョ日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<【告知 新年会について~YBAの皆さんへ】 | ホーム | >>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/854-ff92d63a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |