【告知 新年会について~YBAの皆さんへ】


ツイッターに、「新年会はやらない」という趣旨のつぶやきを書きました。
以降、ちょっと誤解を招いたような部分もあるので、補足しておきます。

1月3日、おいでくださるのは一向に構いません。

「やらない」というのは、「例年通りにはやらない」ということです。
まず、8月に母が亡くなって、どんちゃん騒ぎでもなかろうということ。
これが「新年会はやらない」という最大の理由ではあります。
ですが、浄土真宗には「忌」とか「喪」という概念がありません。
服喪と言っているのも、私が勝手にそうしているだけのことです。
その気なら心ゆくまでやらかせばいいのですが、その気になれません。
親父が死んだ時はやらかしましたが、あれがもう18年も前になります。
思えば、あの頃は私もまだまだやんちゃだったのかもしれません。

もう一つの大きな理由は、当日休める保証がなかったことです。
いくら何でも、私が不在ではどうしようもありませんのでね。
準備だけして休めないのでは、何をしているのかわかりません。
ですが、どうやら休めそうな気配になってきています。

他にも、ちょっとした理由があります。
それは、あれやこれや料理を作っているヒマがなさそうだということ。
定番になっている料理の中には、時間のかかるものがあります。
あるいは、特定の素材を調達する必要があるものもあります。
素材調達~下準備~調理~供出、そういった一連の流れを
他に支障をきたさずに行うだけの時間的余裕が見出しにくい。
何となぁく、例年とは違うものを感じているところなのです。
そんな訳で、特別な料理は一切しないつもりでいます。

でも、カレーだけは作ろうと思っています。
あれはスペシャリテでもあり、正月のシンボルでもありますからね。
酒も、自分がふだん飲む程度には置いておきます。
チャンジャぐらいなら作っておけるかと思いますね。
要は、お袋のことがあるからパッと派手にやることはない、そういうことです。

関係者が一度に集まって年始の挨拶がいっぺんに済んでしまうって、
考えてみたらものすごく効率のいいことなんですよね。
年始回りであちこちに出向く必要がないわけですから。
そこに、新年会の存続意義は十分にあると考えています。
ですが、ぼちぼちその形態や内容が変わってもいい頃合いです。
可愛い弟子たちもみんな成長して、家庭を持つようにもなりました。
ウチの子たちも大きくなりましたし、何より私が年を食いました。
今までやらかしていたような新年会は、必要ないかもしれません。
今回は母のことがあるので、一回休憩という感じです。
2015年以降のことは、また一年かけてゆっくり考えてみるとしましょう。

酒や料理の持ち込みは、大いに歓迎します。
私は極力台所に立たないようにするつもりですので、どなたかが
私の代わりに料理をしてくれるならそれもありがたく思います。
宮岡氏が時間制限を設けてしまえばどうかと提案してくれましたが、
そこは皆さんそれぞれに事情があるでしょうからね。
早く来て早く帰りたい方もあるでしょうし、他の用事をやっつけてから
ゆっくりとこちらに来たいという方もあろうかと思います。
時間に関しては、各自ご都合に合わせて…というところです。

酒も料理もしょぼいけど来るか?という踏み絵ではありません。
誰かが何かを言わなくても自然と集まるのが、1月3日のいいところです。
繰り返しますが、今回は静かに過ごしたいと思っているだけです。

ではお知らせはこれまで。
質問があれば、遠慮無く直接聞いてください。
年内に会える方もありましょうが、まずは3日にお目にかかりましょう。

2013 / 12 / 14 ( Sat ) 10:05:27 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<ヒザナンコツ | ホーム | シリーズ 「元気な病人」 第四話>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/855-70a24f40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |