スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- / -- / -- ( -- ) --:--:-- | スポンサー広告 | トップ↑
批評と揶揄


だいぶ前に、エレクトーンの素晴らしい演奏を紹介したことがあった。
その奏者の別の演奏を見ていて、ちょっと引っ掛かったことがある。
演奏は、こちら。↓



この演奏に対して、「雑だ」というコメントがついた。
するとそのコメントに対して、さらなるコメントがついた。
 「雑だってやつ、もっと上手く弾けるのかよ。」

上手く弾けなければ雑だと指摘してはいけないのか?

文学の評論をする人は、文学作品を実際に書いているか。
料理を批評する人は、一人残らず一流の料理人なのか。
ちょっと考えてみれば誰にでも分かることだが、NOに決まっている。
「雑だ」という指摘は個人的な感想であり、批評である。
だがそのコメントにケチをつけるのは、ただの揶揄に過ぎない。

ではこの演奏が実際にはどうなのかというと、雑なのだ。
演奏者maru氏は相当な腕の持ち主で、感動的な演奏もある。
だがこの演奏は、彼女にしては雑だと言わざるをえない。
リズムが保たれていないのが、なんと言っても致命的だ。
おそらく運指のせわしなさがリズムを乱しているのだろうが、
彼女の実力ならもっと正確なプレイができるはずなのだ。
このことは、音楽に馴染んでいる人ならすぐに分かるはずだ。

雑だと言われて本人がそう思うのなら、演奏を改善すればいい。
そう思わないのなら、その程度の耳と腕しかない演奏家ということだ。
人気ゲームの人気曲を演奏していることで評価は高いのだが、
評価とは別に「演奏の粗さ」が見え隠れしているのは厳然としている。
個人的には、私は氏の演奏をたいへん好んで聴いている。
演奏技術もさることながら、ゲームへの思い入れが伝わるのが良い。
聴いていて楽しくなるし、古いゲームを引っ張り出してみたくもなる。
そういった意味合いからすれば、理想的な演奏だと思っている。
ゲーム音楽の世界観をこれほど素敵に再現する演奏は、他にない。
だが、好みは好みで批評は批評、雑なものは雑なのである。

問題は「これより上手く云々」というトンチンカンなコメントだ。
文化的な熟成度が低い人間の仕業だろうと察するのだが、
無教養というか粗野というか無知というか幼稚というか、情けない。
こんなのがいるから、ネットでの炎上騒動が後を絶たないのだろう。
知り合いなら、サシで説教を食らわせるところである。

日常を感情任せに生きている私が言うと説得力が微塵もないが、
冷静に筋道立てたものが「批評」なら「揶揄」は感情の吐露だ。
お前の母ちゃんデベソのレベルだと、断言しておこう。
全く関係ない話題なのだがこの心ない連中も、である。

心ない…
2014 / 09 / 21 ( Sun ) 18:00:07 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<○○料理、ただし「自称」-久々の長編 | ホーム | 海苔弁、その②。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/870-5eeec777
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。