駐車違反のその後、審査請求書編


車両の所有者責任を果たせということで、放置違反金納付命令書がきました。
「この処分に不服がある場合には~審査請求をすることができます」とあるので、
東京都の公安委員会に対して審査請求をすることにしました。
処分に不服があるない以前に、取り締まり自体に不服があるわけですから。

ただ、審査請求なるものをどうやってするのかが分からないので、
警視庁放置駐車対策センターに電話をかけてその方法を聞いてみました。

俺「~というわけなんですが、どういう流れかおしえてください。」
セ「では申し上げますので、メモを取ってください。」
俺「はいお願いします。」
セ「A4の用紙を縦に使うイメージで、まず『審査請求書』と書きます。」
俺「はい。」
セ「次に請求書の作成年月日を平成から書いていただきます。」
俺「もう少しゆっくり話していただかないと、メモが取れません。」
セ「あ、分かりました。」
俺「年月日の次は何を書けばいいのでしょうか。」
セ「審査請求人と書いて、住所・お名前・電話番号を書いていただきます。」
俺「すみませんが、HPなどから書類のフォーマットをダウンロードできませんか。」
セ「そういうのは、ありません。」
俺「決まった書式を求められるのに、ないんですか。」
セ「ないんです。」
俺「不便ですね。」
セ「すみません、このまま続けますのでお願いします。」
俺「はい、仕方ありませんね、続けてください。」

バカなんですか!?

書類ができたら、センター宛に郵送してくれとのことです。
このご時世に、なんというアナログっぷりであることでしょう。
公安委員会のサイトにフォーマットを用意しておけば、
必要事項を記入するだけで話が済むではありませんか。
また、郵送ではなく、メールで送信することも可能でしょう。

審査請求書

ワードで、ちゃちゃっと作ってみました。
この審査請求は却下されるか、採り上げられても処分の取り消しにはならないでしょう。
そうなると、次は東京都を相手に裁判を起こすことになります。
楽しみです。
2016 / 04 / 11 ( Mon ) 13:43:20 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<ヴィクトリアマイルについてのあれやこれや | ホーム | 井之頭五郎さんの真似をした訳ではないのですが>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/895-a44e9a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |