7月10日は納豆の日だが、親父の祥月命日。


7月6日の夕方、新中野に開店した「晩杯屋」でホッピーを飲みながら
一日を振り返ってあれやこれやに思いを巡らしていた。

晩杯屋

命日よりも少し早かったが、カミさんと墓参りに行ってきたのだった。
相変わらず菊を一輪も入れることのない供花、夏らしくヒマワリが中心。

ヒマワリの供花

この花はどこで購入したかというと、墓がある萩山と同じ西武新宿線沿線の鷺ノ宮駅前。
駅から徒歩0分ということ、普通の花屋なので菊でない花を選びやすいこと、使い勝手がいい。

鷺ノ宮の花屋

ただし、そのためだけに鷺ノ宮で途中下車をするという訳でもない。
途中下車の目的は食事、二度目にしてすでにお気に入りのラーメンである。

すぎ本の特製醤油

見た目も味もきわめてキレイな、息を飲むほど美しいビジュアルだ。
この店に入る数時間前、カミさんと相談していた。
あまり暑くはないようだから、今日、墓参りに行ってしまおう。
10日を待ってもいいが、あまり暑いと出るのが億劫になる。
ならば今日行っておいた方がよかろう、すぎ本もコミでな。

行き当たりばったりのようだが、墓参を中心に据えてある。
そこへラーメンという小さなニンジンで、出る気を軽く鼓舞した。
そういう、休みらしい休みの日、小さな行動で大いに満足した日だった。

ホヤ

初物の「ホヤ」をつまみながら、親父のことを少し思い出した。
昔、大船渡の知り合いのお宅に泊まりがけで出掛けた時に、ホヤが出たっけ。
不思議な食べ物だと言いながら嬉しそうに箸を動かしていた親父の姿が、
30数年の時を経て一瞬のうちに蘇ったのはいったいどういうことか。
一人で立ち呑みしていて涙でも流したら、こんなカッコ悪いことはない。
早々に店を後にして自宅に戻り、続きをやってグダグダに酔ってしまった。
親父も、きっと苦笑いをしていることだろう。
2016 / 07 / 10 ( Sun ) 17:26:28 | 日記 | TrackBack(0) | Comment(0) | トップ↑
<<医療について考えさせられた件(長いヤツww) | ホーム | やはり…。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shinza.blog17.fc2.com/tb.php/899-ff0b6581
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |